• <strong id="26q2k"><kbd id="26q2k"></kbd></strong>
  • 會社案內-沿革|ジャパンメディアシステム株式會社

    會社案內

    HOME > 會社案內 > 沿革

    沿革

    1984年08月 東京都千代田區にジャパンメディアシステム株式會社を設立
    資本金500萬円
    情報通信機器の販売を開始
    1986年01月 NTT千代田支店と販売店契約を締結
    1987年04月 新電電(第二電電?日本テレコム?日本高速通信)と市外電話の回線代理店契約を締結
    1995年08月 NTT ISDN 回線の販売開始
    1996年07月 インターネットアクセスサーバBIASシリーズ販売開始
    ネットワーク事業部を新設
    1997年02月 NTTとインターネット専用線OCN回線の販売店契約を締結
    1998年01月 インターネットマンションシステム事業開始
    IMS事業部新設
    1998年07月 資本金を1億530萬円に増資
    1998年08月 インターネット接続端末セットトップボックスの開発スタート
    1999年05月 通信?放送機構(TAO)の創造的通信?放送システム開発事業に基づく、「ネットワークコンピュータで受信する大容量コンテント流通システムの研究開発」に関する委託研究を受託
    1999年11月 資本金を3億4,530萬円に増資
    2000年01月 大阪営業所を開設
    2000年09月 通産?。ìF経済産業?。┬率聵I創出促進法の認定を受ける
    2000年10月 ソフトバンクネットワークス株式會社とブロードバンド回線ビジネスにおいて業務提攜
    2000年10月 JPNIC(日本ネットワークインフォメーションセンター)正式會員
    2001年02月 汎用ドメインの販売開始
    2001年04月 韓國インターメディア社と、株式會社インターメディア?コミュニケーション?ジャパン(通稱、インコムジャパン)を設立
    2001年07月 資本金を5億7,820萬円に増資
    2001年09月 OCNサイトで[Vchat]販売開始
    2001年10月 biglobeサイトで[Vchat]販売開始
    2001年11月 1:8の割合で株式分割を実施
    2003年04月 インターネットマンションシステム事業を伊藤忠ケーブルシステム(株)に営業譲渡
    2003年08月 株式會社インターメディア?コミュニケーション?ジャパンを解散しWeb會議システム?テレビ會議システムの開発を100%自社に切り替える
    2003年10月 NTTコミュニケーションズのIP電話システム販売開始
    2003年12月 ビジュアルコミュニケーションオフィスVCO2.00発表
    2004年02月 中小企業経営革新支援法の認定を受ける
    2004年10月 Web會議システム「LiveOn(ライブオン)」を発売
    2005年06月 仙臺営業所を開設
    2005年10月 Web會議システム「LiveOn(ライブオン)ver2.00」を発売
    2005年10月 資本金を7億8306萬円に増資
    2006年04月 1000拠點で同時利用可能な Web會議システム「LiveOn(ライブオン)Ver3.0i」を発売
    2006年08月 大阪営業所をツイン21MIDタワーに移転
    2006年10月 Web會議システム「LiveOn ASP Ver3.1」 および「LiveOn イントラパック Ver3.1i」を発売
    2007年02月 Web會議システム「LiveOn イントラパック Ver4.1i」を発売
    2007年10月 高機能なWeb會議システム「LiveOn(ライブオン)Ver5.0?Ver5.0i」を発売
    2007年12月 川崎市産業振興財団主催「かわさき起業家オーディション」において“起業家優秀賞”と“會場応援賞”を受賞。
    2008年01月 資本金を9億6181萬円に増資
    2008年04月 Web會議システム「LiveOn(ライブオン)Ver6.0?Ver6.0i」を発売
    映像コーデック「H.264/MPEG-4 AVC」を新たに採用し、クリアな映像と低ビットレートでの通信を実現。
    2009年01月 Web會議システム「LiveOn(ライブオン)Ver7.0?Ver7.0i」を発売
    Internet Explorer以外のWebブラウザ、Firefox?Opera?Safari他にも対応。単一ウィンドウ表示機能やプレゼンス機能を追加。
    2009年04月 Web會議システムLiveOnが第21回「中小企業優秀新技術?新製品賞」において「ソフトウエア部門優秀賞」を受賞。
    2010年03月 Web會議システム「LiveOn(ライブオン)Ver8.0?Ver8.0i」を発売
    HD畫質への対応、アンケート機能追加。非管理者権限のユーザーによるインストールに対応ほか。
    2011年05月 Web會議システム「LiveOn(ライブオン)Ver9.0?Ver9.0i」を発売
    資料共有機能の強化(PDF、EPSファイルに対応)、YAMAHA社製音聲デバイスの自動選択、ASPサービスのサーバ構成の更なる強化ほか。
    2012年04月 札幌営業所を開設
    2012年06月 Web會議システム「LiveOn(ライブオン)Ver10.0?Ver10.0i」を発売
    スマートフォン?タブレット端末(AndroidおよびiOS)に対応。中國語対応。ASPサービスのサーバ構成強化ほか。
    2013年09月 Web會議システムLiveOnが、ASPIC(特定非営利活動法人ASP?SaaS?クラウド コンソーシアム)が主催する『ASP?SaaSクラウドアワード2013』 ASP?SaaS部門にて、支援業務系分野において最も優れたサービスである「支援業務系グランプリ」を受賞。
    2013年10月 Web會議システム「LiveOn(ライブオン)Ver11.0?Ver11.0i」を発売
    招待機能、コール機能の追加。スケジュール機能、スマートフォン?タブレット版の改良、多人數モード會議室機能の強化(入室可能人數無制限)。ASPサービス サーバ構成強化ほか。
    2014年02月 Web會議システムLiveOnが、財団法人まちみらい千代田主催の『第6回千代田區ビジネス大賞』において、「社會?経済への貢獻性」、「製品?サービスの革新性」、「企業経営の戦略性」が優秀と認められ「優秀賞」を受賞。
    2014年07月 資本金を1億円に減資
    2014年11月 Web會議システムLiveOnが、公益社団法人 日本ニュービジネス協議會連合會主催の『第9回 ニッポン新事業創出大賞』において「アントレプレナー部門 優秀賞」を受賞。
    2014年12月 株券廃止會社へ移行
    株式譲渡制限會社へ移行
    2015年04月 Web會議システム「LiveOn(ライブオン)Ver12.0?Ver12.0i」を発売
    「エコーキャンセラ」「議長権固定機能」の追加?!缸詣诱啸猢`ド」「資料共有機能」「多人數モード會議室」の改良。一部のネットワークカメラへの対応ほか。
    札幌営業所を札幌市中央區に移転
    2015年8月 大阪営業所を「大阪支店」へ名稱変更
    2015年10月 名古屋営業所を開設
    2016年6月 Web會議システム「LiveOn(ライブオン)Ver13.0?Ver13.0i」を発売
    帯域制御機能の改良、多人數モード會議室の改良、ハード型テレビ會議連攜ほか。
    2017年6月 Web會議システム「LiveOn(ライブオン)Ver14.0?Ver14.0i」を発売
    最大150人まで同時に參加可能な「大型會議室」を追加。ハード型テレビ會議連攜機能を改良し、他社製のハード型テレビ會議端末の呼び出しに対応ほか。
    2018年6月 Web會議システム「LiveOn(ライブオン)Ver15.0?Ver15.0i」を発売
    議長による「遠隔設定機能」を追加。録音録畫機能?メディア再生機能の改良、MP4形式のファイルに対応。プレゼンス機能の改良、プレゼンス機能を無償オプション化ほか。
    2019年6月 Web會議システム「LiveOn(ライブオン)Ver16.0?Ver16.0i」を発売
    オプション機能のHD畫質対応をフルHD畫質対応とし、新たに1920×1080のビデオサイズを追加。LiveOnのメイン畫面の拡大表示や各畫面の表示位置の保存が可能に。
    2019年11月 事業拡大のため、札幌営業所を札幌市中央區大通西に移転
    2020年1月 快適で安定したリモートデスクトップ?働き方改革を実現するクラウドリモートアクセスサービス 「RemoteOn(リモートオン)」をリリース
    2020年6月 Web會議システム「LiveOn(ライブオン)Ver17.0?Ver17.0i」を発売
    グループディスカッションをサポートするグルーピング機能を追加。また、LiveOnメイン畫面(デザイン切替)やプレゼンス機能のユーザーインターフェイスの刷新ほか。
    2021年6月 Web會議システム「LiveOn(ライブオン)Ver18.0?Ver18.0i」を発売
    音聲の制御方法として「エコーサプレッサ機能」を追加。會議室入室時にマイク?スピーカーが正常に機能しているか確認する「自己音聲チェック機能」の追加。デスクトップ共有(※オプション)での「マルチディスプレイへの対応」ほか。
    pagetop
    激情文学 武侠古典第1页_激情校园都市古典人妻手机版_亚洲综合另类小说色区色噜噜